LINEバイトに応募してみた

というわけで、お小遣い稼ぎがしたいのでいろいろ試してみようかと。
体力のない私でもできそうな仕事を探してとりまシール貼りのバイトに応募してみることに!!
そこでわかったことをつらつら書き記していきます。

紹介文の仕事内容は
①シール貼り
②ピッキング
③仕分け
という感じの表記だったので、まあシール貼りがメインの仕事なのかなーといった軽いノリで応募。
そしてすぐさまLINEにメッセージが。
どうやら登録説明会に参加しないと働けないようです。
そりゃそうですよね、いくらなんでもいきなり働けんですよね。
というわけで地元のシール貼りバイトに応募したのに東京まで出向いて(交通費は自費)登録説明会に参加。

正直最初の方眠過ぎてうろ覚えなんですが…おや?
どうやらシール貼りがメインの仕事ではないようで…カッターと滑り止め付き軍手が必要とな?
まれにシール貼りもあるけど基本は荷物運んだり動き回る仕事みたいですね。
思ってたのとだいぶ違う。
あと、ここでメールで社員登録したりいろいろ書類を書きます。

住所・氏名・年齢・働ける日数など問診票に近いものを書いたり、職務経歴書、雇い派遣の原則禁止の例外に関わる確認・誓約書、個人情報に対する認識テスト、振込先口座情報など眠気と戦いながら書いていきます。

ちなみに途中に顔写真貼るところがあるんですけど、「今写真撮っちゃいますねー」と適当に白い壁の前でデジカメで撮ってプリントアウトしてくれました。
その写真がそのまま社員証に貼られるので説明会だからとスッピンで来た女性の方は注意かもです。

最後に軽く面接して登録説明会も終わり、ひとまずこの日は終了。

そしてスマホで空いてる日に働きたい希望日を入れていくわけですが、最初にシール貼りでバイトしたいと思っていたので備考欄に「座ってできる仕事希望です」と書き足してみたところ…一向に仕事が来ない。
さすがに連絡が無さすぎて電話で確認してみると、座ってできるシール貼りのような仕事は少なくてまずないと。
さらに言うと私は現在日曜日が休みの仕事をしていて、日曜日に副業としてシール貼りをしたかったのですが「日曜日はほとんど仕事はありません」とのこと。
いろいろ予想と違ってマジかーと思いながらも「そんなに重い荷物をずっと運ぶとかではないので…」と言われたので立ち仕事でも良いかと備考欄を変更し、勤務地も少し広げて勤務希望を出してみることに。
さあ、仕事以来は来るのか、私の体力で乗り切ることは出来るのか、そしてちゃんとお金は稼げるのか、乞うご期待!!

カテゴリー: 実験, 日常

干し肉が美味しい季節になりました。

あけましておめでとうございます。

と言ってももう1月も半ばなんですが…(汗)
なかなか忙しくて去年はブログの更新も2ヶ月に1回あれば良いくらいで放置もいい所でしたね。
ですが今年はちゃんと更新しますよ!!
…と言ってるそばから異動してめっちゃ忙しい店に配属されたもんだから既にヘトヘトなんですけどね!!
気にしないです!!サバゲーも行きますしライブも行きますしゲームもしますよ!!
この命尽きるまで遊び尽くしてやります!!
貯金はどうしたって感じですが節約はしても遊ぶのはやめません(`・ω・´)キリッ

 

 

そして話は変わりますがこの寒さを利用して以前から興味があった干し肉を作ってみました。

まず材料は豚肉と焼肉のタレです。
牛が良かったですが豚の方が安いのでw
今回のお肉は生姜焼き用の脂身が少ないところを選びました。

これをジップロックに入れて焼肉のタレを全体に行き渡るくらい注ぎ、もみもみします。
全体に馴染んだら空気をできるだけ抜いて、2~3日漬け込みます。
本来は漬け込んでいる間は冷蔵庫保管なのですが、今回はちょっと冷蔵庫のキャパがいかんせんなかったので暖房のないところで保管しました。

3日後…

特にこの時点で色合いなどは変わってはいませんがおそらく柔らかくなっていると思います。
本当はここで燻製にすると良いのですが、我が家には燻製器などありはしないので電気鍋で焼きます。
検索すると燻製以外では茹でるのが一般的なようですが、味が抜けてしまう気がしたので焼く方法で行こうと思います。

焼くとこんな感じ。

水気や油が出てくるのと、焼き肉のたれが焦げてこびりついてくるので何枚か焼いたらキッチンペーパーで鍋を拭きながら焼いていきます。

焼き終わった肉はキッチンペーパーやフキンで軽く水気を取り、洗濯ばさみで干します。

全部干し終わるとこんな感じです↓

外に干す場合猫やカラスなどにとられないようにしないといけないので、今回は部屋で干します。
そして部屋で干す場合は風がないので扇風機をかけます。
とりあえず設定は中でスイングにしておきます。

ここまでできればもうあとは待つのみなのですが、しばらくすると油や水分が滴ってくることがあるので下に何か敷いておいたほうがいいです。

というわけで3日後…

いい色になりましたねw
最初焼いたときはただの焼き肉で色も白っぽかったですが、しっかりジャーキーのような干し肉らしい色になりました。

というわけで味見…


美味しい!!完全にポークジャーキーだこれwww
あぶってもうまいかもしれない。今度やってみよう。
ちなみにここまで乾燥すればもう扇風機はかけなくても大丈夫です。
干したままなら特に見た目に異常がなければ数か月はこのままでも食えるかと、ただ夏場はちょっとカビそうなので注意です。
下に敷いてあるものはできるだけそのままで。時間がたつとより油が抜けて滴ります。
干し肉を作って何が良いかって?
冷蔵庫を圧迫せずに、期限を考えずに安定した肉供給が行えるわけですよ奥さん。
しかも美味い。
あと疲れて帰ってきて、ご飯作るのだるいわーってカップ麺とかで終わらせがちな日も、干し肉一枚食べるだけでタンパク質の摂取量がぐっと上がります。
タンパク質が足りないと疲れって抜けないもんなんですよね。

 

 

というわけでよかったら皆さんもレッツ☆干し肉!!!

カテゴリー: 実験, 料理, 日常

殺虫剤あれこれ

お久しぶりです。
なかなか更新できませんでしたが生きております。
ちょっとハイラルを救うのに忙しくてですね…あ、いやなんでもないです。
今回は夏場に売り場での質問が多かった殺虫剤の話をしていこうと思います。

 

まずざっくりと殺虫剤にはピレスロイド系というものとそれ以外の成分とに分かれます。広く使われているのはまずピレスロイド系なのでそちらから。

 

ピレスロイド系とはもともと除虫菊という植物由来の成分(ピレトリン)を人工的に合成した成分の一群のことを言います。
作用機序としてはナトリウムチャネルを持続的に開いて脱分極を生じさせます。
実は猛毒で有名なトリカブト(に含まれるアコニチン)も同様な作用機序で、トリカブトの場合は人間が摂取すると神経が興奮しすぎてけいれん、嘔吐、心臓発作をおこし最悪死ぬことになります。
これがまあ、ピレスロイド系の殺虫剤をくらった虫でも同じことが起こるわけです。南無阿弥陀仏。
そう聞くとピレスロイド系って怖いもんだと思ってしますかもしれませんが、我々のような哺乳類や鳥類など恒温動物では体の中に入っても速やかに分解されてすぐに体外に出ていくため、特に虫に噴射したり部屋でちょっと焚く程度の量なら気にすることはないようです。
ただし熱帯魚などお魚さんや両生類、爬虫類などの変温動物には影響がありますので注意が必要です。
意外とバルサンで金魚がぁああとかはあるらしいです…。
あと人間の場合、体の中に入ってしまう分にはそんなに問題はないのですが(さすがにゴクゴク飲んだら死にますけど)接触毒性のほうがありますのでシーツとかに殺虫剤がかかっていてそのまま寝転がってかぶれたり、気管支に吸い込んでしまうと化学性の気管支炎になることがあるのでそこは気を付けましょう。

 

と、ざっくりと話してきましたが、ピレスロイド系と言っても種類がありますのでいくつかご紹介を。

 

フタルスリン・・・即効性、ノックダウン効果が高い。
レスメトリン・・・致死効果が高い。
この二つはスプレータイプの殺虫剤によく使用されています。

 

フェノトリン・・・残効性、致死効果がある。
スミスリンと言ったほうがピンとくる人もいるかもしれません。
安全性が高く、シラミ駆除とかでも使います。
あとはバルサンとか。燻煙剤にも。

 

シフェノトリン・・・残効性、致死効果がある。
フェノトリンと特徴は似ていますがゴキブリ駆除では抜群の追い出し殺虫効果があります。

 

トランスフルトリン・・・揮散性、殺虫効果が高い。
CMでよくやっていた蚊がいなくなるスプレーの成分です。

 

まだまだありますがとりあえず代表的なものはこのくらいですね。

 

ここまでがピレスロイド系のお話でしたが、それ以外の殺虫剤のお話も少ししたいと思います。
と言ってもピレスロイドほど家庭で使っているものってそんなにないのですが。
倉庫やごみ置き場などで使うジクロルボスと、ピレスロイドに耐性があるゴキブリに使うメトキサジアゾンについてちょっとばかし。
すこし小難しい話になってしまいますので何となく流し読みでいいかと。

 

まずジクロルボスですが、以前食品に残留していたとして問題になった薬剤で記憶にある人もいるのではないでしょうか。
この薬剤は有機リン系という分類に入り、コリンエステラーゼ(神経伝達物質を分解して神経の興奮状態を抑える)を阻害して神経伝達物質を増やし、神経を過剰に興奮させて毒性を出す殺虫剤になります。あの有名なサリンと同じ分類に入ります。
商品としてはバポナの殺虫プレートがあります。
先ほどのピレスロイドとは違い、比較的危険性の高い薬剤であるので薬剤師の説明を受けてからでないと購入ができない商品になります。
使う場所も人気のないような場所で風がなく虫が湧きそうなところと限定されているのであまり使う機会はないかと思います。

 

最後にメトキサジアゾンについてです。
オキサジアゾール系という分類に入る薬剤で先ほどのジクロルボス同様、コリンエステラーゼを阻害し神経を過剰に興奮させて殺虫効果を出します。
しかし有機リン系と違って作用は可逆的(阻害されたコリンエステラーゼをもとに戻すことができる)なので比較的安全性の高い薬剤としてバルサンやアースレッドに入っている成分となります。
とはいっても、もちろんゴクゴク飲んだら間違いなく死にますからやめましょう。

 

大体殺虫剤だとこのくらいになりますかね。
もう今年は虫の季節も終わりに近づいてきましたが来年に備えましょう。
では。

カテゴリー: 日常,

そういえばエナジードリンクって

あんまり飲みすぎってよくないって話しましたね。
それについてなぜなのかっていう話をしたいと思います。

 

 

まず注意しなければならないのはカフェインです。
カフェイン中毒で国内で死者がでて大きなニュースになったことがあります。
海外ではもっとあるようですが。
どのくらいでカフェインが致死量になるかといいますと、55Kgの人で11gという記述が多いです。
体重によって変わってくるのであくまで目安ですが。
11gってモンスターエナジーで142mgってことは77本…?
いやいや無理っしょ。さすがに無理だわ。
というわけでエナジードリンクを徹夜して数本飲んだくらいで死ぬことはないです。
では、じゃあ安心かというとそういうわけではないんですよね。
結構カフェインって依存症になりやすいんです。
カフェインがないと体がだるくてなんだか落ち着かないってなってしまうと注意です。
徐々に量が増えて錠剤で一気に…となったらもう三途の川が見えてきます。

 

 

あとは糖類です。ぶっちゃけ歳食ってくるとこっちのほうが危ないのかもしれません。
エネルギーを供給するということで結構糖類入れてます。ノンシュガーとかも今は出てるかもですが。
これで一気に血糖値が上昇し元気が出るのですが、やりすぎたら糖尿病まっしぐらです。
以前にエナジードリンク飲みすぎで透析になった人の話をチラッとした気がするのですがおそらく糖尿病から腎臓壊したんじゃないかなぁと推察しています。

 

 

ちなみに、血糖値が急上昇したら今度はインスリンがでて急降下していきます。
そうすると一時的にハイだった状態から一気に眠気が出ることがあります。
なので私は大体軽く食事をとってからエナジードリンクは飲むようにしてます。
すきっ腹だと胃にもよくないですし。
あとは午後3時以降はできるだけ飲まないようにしてます。
夜に仕事があるなら別ですが。
実はカフェインは約7時間ほど効果が持続するといわれているので夜10時に寝ようと思ったらその7時間前までにしないと眠りの妨げになってしまうのです。

 

というわけで皆さんもエナジードリンクの使い方には気を付けて厳しい人生を乗り切っていきましょう。

カテゴリー: 日常, 豆知識

名状しがたいエナジードリンクのようなもの後編

前回に引き続きエナジードリンクについてです。
カフェイン、アルギニンを身近なもので手に入れる方法を考えます。

 

まず、カフェインと言ったらコーヒーですよね。
コーヒーのカフェイン量は商品にもよりますが、100mL中に40mg~90mgくらいです。
まあ、大体50mgとして今回は考えていきます。
エナジードリンクが一本355mL、100mL中40mlなので全体で142mgという計算になりますね。
そうするとコーヒー約300mLほどでカフェイン量は足りそうです。
今回は甘さ控えめと書いてあるコーヒーを使ったのですが100mLあたり大体2~4g糖類が入っているそうです。
100mLあたり3gの糖類と仮定して300mLで9g糖類をとることになります。
糖類1gあたり4Kcalなので36Kcal…ちょっとエナジードリンクよりヘルシーですが無理にここで砂糖を入れるのはちょっと抵抗があるのでこれで行きましょう。

 

あ、そういえばモンスターエナジーには高麗人参が入っているんですよね。
滋養強壮に効く有名なやつです。
あれにはサポニンという成分が入っていてそれが血行促進、抗酸化作用ほかいろいろと健康に良さそうな働きがあるとのこと。
今回はせっかくなので同様にサポニンが入っているごぼう茶を足してみようかと(3gで1包のやつ)

 

続いてアルギニンですが、肉類には大量に入っているのですがドリンク化するくらいなら食いたいですよねw
なので今回は生卵を使おうと思います。
まずはモンスターエナジーのアルギニンの量ですが125mg/100mLなので355mLでは444mgってところです。
生卵の全卵のアルギニン量は418mg、1個卵入れればアルギニン量はほぼ足りますね。

 

はい。
これでコーヒー、ごぼう茶、生卵を混ぜるわけです。
まあ、おいしくはないでしょうね。
あくまでカフェイン・サポニン・アルギニンが多く入っている食品同士を混ぜるんですから、そのほかの成分はガン無視ですから。

 

というわけで

コーヒーにごぼう茶を入れてひと煮立ちさせますw
ごぼうのにおいとコーヒーのにおいがやばいw
ただにおいはやばいですが味はそこまでではないです。
コーヒーにごぼうのにおいがついたって感じです。

 

そして卵を投入。
味がまろやかになりました。

 

 

うーん。飲めなくはないのですが…
やっぱりまずい。
エナジードリンクのかけらも感じられない味です。

 

 

 

ただ…目はめっちゃ覚める(まずさも相まって)
コーヒー飲んだだけよりはいいんじゃないか?www

ただこれならコーヒーにきんぴらごぼうと卵焼きでいただきたい。

カテゴリー: 実験, 日常

名状しがたいエナジードリンクのようなもの前編

最近のドラッグストアというのは夜遅くまで営業してますよね。
24時間営業のところもあるくらいで、使う側としては便利ですが社員さん大丈夫なのか心配になってしまします。
と、いうわけで夜勤の強い味方であるエナジードリンクについて今日は考えてみたいと思います。

とりあえずエナジードリンク代表として私がよく使うモンスターエナジーについてちょっと成分を見てみました。

 

それぞれ100mLあたりの量
エネルギー  50kcal (言うまでもなく熱量)
タンパク質  0g (分解するとアミノ酸になり血肉なるほか様々な働きをします)
脂質     0g (脂肪になるやつ)
炭水化物   126g (糖質と食物繊維を足した値)
ナトリウム  78mg (塩に入ってるやつ)
ビタミンB2  0.7mg (一般に粘膜に効くビタミン)
ナイアシン  8.5mg (B2同様一般に粘膜に効くビタミン)
ビタミンB6  0.8mg (一般にタンパク質の代謝に働くビタミン)
ビタミンB12  1-6μg (神経に働いたり血を作るのを助ける)
アルギニン  125mg (成長ホルモンに関わっているらしいアミノ酸)
D-リボース  125mg (エネルギー源となるATPを産生)
高麗人参   82mg (滋養強壮に効く代表生薬)
L-カルニチン 29mg (脂肪を効率よくエネルギーにするらしい)
カフェイン  40mg (ご存知の通り覚醒作用がある)

 

と缶の裏に書いてある成分一覧と簡単な説明をつけさせてもらったわけですが、これを調べて何をしたいかと申しますと。

自分でエナジードリンクを作ることはできないか

というところになります。
いやー、さすがに1本200円くらいするのでそんなにほいほい飲むわけにもいかないじゃないですかもったいない。
まあ、値段以外にもあまり飲みすぎはよくないのですが、それは後程書きたいと思います。

 

そしてこの成分の中で目を覚まし、元気を出すのに重要なものに絞って家にありそうなもの、もしくは安価なもので作れないか検討していこうと思います。

 

まず、いろいろビタミン類が書かれていますがこれは微々たるものなので省いていきましょう。
ビタミンがとりたい場合はリポDのような栄養ドリンクのほうが向いてます。
ちなみに栄養ドリンクにもカフェインが入っているので目覚める効果はあるのですが、エナジードリンクほどの覚醒作用はないかと思います。
単純にカフェインの量の問題もありますが、それだけではないようです。
その違いはアルギニンが入っていることにあります。
このアルギニンなのですが、どうやらカフェインと一緒に摂取することで覚醒作用が増強されるという研究結果が常磐薬品のほうででたようなのです。
確かに私もカフェイン剤単体と、エナジードリンクを飲んだ後ではエナジードリンクのほうが目覚め感が強く、長持ちしている気はしていました。
それもあって単価の高いエナジードリンクを選んで飲んでいたわけですが。

 

話はそれましたが、以上のことから手作りエナジードリンクの主軸はカフェインとアルギニンでいこうと考えています。
このまま書くとちょっと長くなりますので、申し訳ないですが実際に作るのは次の記事にしようかと思います。

ではでは、次回をお楽しみに。

カテゴリー: 実験, 日常

飛べない蟻はただの蟻だ

雨が降った次の日の夜。
やたらと店の中に羽虫が飛んできているのに気づきました。
どうやら光に誘われてきている様子です。
化粧品の棚の明かりの下はうじゃうじゃといてクレームがきそうな勢いです…。

シロアリだとえらいことになるので近くで観察してみましたがどうやらクロアリのようです。
ちょっと安心…。

 

……とここで『?』マークを浮かべているあなた。
そうです。シロアリは季節によっては羽がついて飛んでくる個体ができるのです。
種によって発生時期は前後しますが梅雨から夏にかけてが多いようですね。
そしてさらに、シロアリの羽蟻はわりと黒いんです。いや種によっては羽蟻でなくても黒っぽいシロアリもいます。
黒いシロアリってなんか矛盾な感じですけどねw
さらに言うとシロアリは蟻の仲間ではないのです。あとクロアリはシロアリの天敵です。
で、シロアリは何の仲間かと申しますと、みんな毛嫌いしているあやつです…ゴキブリの仲間なのです。
ちっこいのでパッと見ただの白い蟻ですがよくよく観察するとだいぶ形状が違うことに気が付きます。
簡単な比較表を描いてみました。

図を見ればわかると思いますがまずシロアリにはあまりくびれがありません。寸胴です。
クロアリのほうがボンキュッボンとスタイルが良いように見えますw
すまんねシロアリさん。
そして次に触覚です。
『く』の字に曲がっているのがクロアリですが、こうなんというか数珠みたいにぼこぼこしててまっすぐな触覚なのがシロアリです。
あとは羽の形でしょうか、クロアリは前の羽と後ろの羽で形が違うのですが、シロアリは前も後ろも同じような大きさ形の羽で先端が丸い感じです。

 

ちなみにシロアリって一言で言ってもすごい種類があるんですね。
この記事書くにあたってちょっと調べたのですが地球上で2500種も種類があるのだとか。
日本にはそのうちの22種類がいて、さらに家に被害を出すのはその中の4種類という感じです。
その4種の中でさらにタイプが二つに分かれて、土壌性シロアリ(ヤマトシロアリ、イエシロアリ)と乾材シロアリ(アメリカカンザイシロアリ、ダイコクシロアリ)があるようです。
このタイプの違いによってシロアリ駆除の仕方が違ったり、それに伴ってシロアリ保険の適応かどうかが違ったりするそうなので家を買う際は十分に気を付けておきたいところですね。
あと羽蟻のシロアリの巣(というか発生源の穴とか)を見つけたとしても殺虫スプレーをかけてはいけないらしいです。
業者さんのサイトに書いてありました。
どうやら散り散りに逃げて余計に範囲を拡大してしまうようです。
あと羽がすぐ落ちてしまうようなので羽が散乱して殺虫剤でくっついてえらいことになるのだとか。
なので見える分を掃除機で吸い取ってしのぎつつ業者を呼ぶのがよいようです。

そんなこんなで家を食いつぶす嫌われ者のイメージですが、森では古い木を土に還すための大事な役割を担っている昆虫になります。
もし生物の授業を受けたことがある方だと知っているかもしれませんが植物の『セルロース』を分解できる代表生物です。
身近なところだと不溶性食物繊維といったほうがピンとくる方が多いかもしれませんね。
人間の消化酵素では分解できないのです。
とはいえシロアリも消化酵素で分解しているのではなく、腸内にセルロースを分解できる微生物がいるからなのですが。
まあ、細かいことは良いのです。
生命の神秘ってことで。

カテゴリー: 日常, , 豆知識

それは本当にブタクサなのか

花粉症にもいろいろありますよね。
基本よく相談されるのは春のスギとかヒノキが多いです。
あとは5月とか6月になると今度はイネ科の時期になりまして…鼻炎を結構引きずる人もいます。
さらにそれを過ぎて梅雨から夏に入ってくるとほぼほぼ花粉症の相談は無くなってきます。
しかし、春は何ともなかった方が夏になって急に鼻炎の症状を出すこともあるのです。

 

そう、ブタクサです。

 

他にもヨモギやカナムグラ(アサ科)なども夏に飛ぶ花粉のようです。
そしてこれらの植物が原因の花粉症の方が風邪をひいたのかと思って相談してくることもしばしばあるのです。
まあ、本当にブタクサが原因かどうかはちゃんと検査しないとわからないのですが。
ちなみにアメリカだと花粉症と言えばブタクサとなるくらいメジャーなようです。

 

さてさて、このブタクサ。
皆さんどんな植物か見た事ありますか?
黄色いふわふわした花を思い描いている方…残念!!
それはブタクサではない可能性が大です。
あの黄色くていかにも花粉出します感がやばいあの植物の名はズバリ『セイタカアワダチソウ』と言います。
こんな風に群生しているやつですね↓

見た目はめっちゃ花粉感がありますがこいつは花粉を遠くに飛ばすことはありません。
何故かと申しますと、虫を媒体として受粉を行うからです。
遠くに花粉を飛ばす必要がないので花粉症の原因にならないのです。
ちなみにキク科で春菊のように食べることできます。そのままだと苦味とアクがひどくて厳しいと思いますので天ぷらにするといいと思いますよ。
困ったら天ぷらです。
下処理も洗うだけでいいですからね。
油の後片付けは大変ですがw
あとはセイタカアワダチソウを使った入浴剤がアトピーに効くとかなんとかで地味に注目を集めています。
口コミもそれなりに出ているようですので肌荒れが気になっている人はちょっとググッてみると良いかもです。
ただ、個人差はありますし逆に肌に合わないこともありますのでそこは前提として試してくださいね。
割とそこら辺で見かけるので手作りでも出来そうなのですが、つぼみの時期に収穫をしないといけないので難易度が高いです。

 

さて、では本物のブタクサはどんな植物かと申しますと黄色と言うより白緑?のような花であんなにふわふわではないです。
こんな感じのやつです↓

葉っぱもブタクサの方が複雑な形をしているのでもっと画像検索で見ればすぐ違いが分かると思います。
ブタクサは花粉も飛ばしますし、花粉が細かいこともあって気管支などにも影響が出やすいなどなかなかに厄介な植物です。
特に喘息の既往がある方は注意が必要です。
見つけても近づかないことが無難です。
スギとかヒノキに比べれば花粉の飛ぶ距離は短いようなので生えている場所に住んでいるわけでなければ避けられることが多いようです。

 

ちなみにセイタカアワダチソウと同じキク科なので食べても死ぬことはないと思いますが、食べ方とか調べても見つけることが出来なかったのでやめた方がいいです。
同じ花粉症の原因になるヨモギでも、ヨモギ餅で口腔アレルギーって話も聞きますしね。
やめておきましょう。
まあ、私はそもそも食べる気はないですけどね。
( ̄▽ ̄;)

カテゴリー: 日常, 豆知識

玉葱はネギ

玉葱を買ったはいいけれど使う機会がなくて放置してたら芽が出てきたのでそのまま育てることにしました。芽が出たところで食べられなくはないのですが、伸びた芽はネギの代わりに使うことができるということで試してみました。
ただちょっと水を入れすぎたのか玉葱の皮の色が水に溶けてしまってなんとなく汚くなっちゃいましたね。

 

ちなみに玉葱の皮ってお茶としても販売されるくらい健康食品として流行っているようですね。
有効成分である『ケルセチン』で検索すると色々な商品がヒットします。
この『ケルセチン』ですが血圧を下げたり、悪玉コレステロールを下げたり、がん予防だったりといいこと尽くしなのですよ。
玉葱本体にももちろん含まれているのですが、やっぱり皮!!さっきの皮の溶けだした色の原因の成分なのです。
ちなみに苦いです。この苦みこそ体に良いのです。
しかしながら続けるにはちょっと厳しいですよね。
玉葱茶を買おうか迷ってる方は試しに玉葱の皮をとっておいて煮出して飲んでみてから考えたほうがいいかもしれませんよ。
大体玉葱2個分で1杯分くらいのお茶になるようです。
レモンを入れて苦味を紛らわすという方法もあるようですのでどうしても玉葱茶を試してみたい人はやってみてください。

 

と、ここまで書きましたがもし玉葱の皮が余っているわけでなければ玉葱よりも私はごぼう茶を推したいところでもあります。
まあ、ごぼうの皮も苦いのですがなぜかと言いますと、かの有名な高麗人参と共通する『サポニン』という成分が含まれているからです。
サポニンと一言で言っても種類が沢山あって毒性を示すものもありますが、今回お伝えするのは医学的に有効性のあるサポニンについてです。
さて実際に何に効くかと申しますと一番は抗酸化作用、動脈硬化を防いだり、アンチエイジングの効果があったりします。
そして高麗ニンジンが滋養強壮で重宝されるのは血流改善をし、しっかり体中を血が巡るようになるからです。
あとは脂肪の蓄積を防ぐため肝臓機能の向上にも一役買っています。

 

そこで最近思うのですが、エナジードリンクに高麗人参、アルギニン、カフェインという文字を見かけることがあります。
この三種類を低価格でそろえるなら、ごぼうの皮(高麗人参の代わり)、卵(アルギニンは卵などにも含まれているアミノ酸)、コーヒー(カフェイン要員)を合わせれば手作りエナジードリンクができるのではないのかと。
たぶんクソマズいのですが、エナジードリンクは基本200円ほどしますのでもったいなくてそんなに多用はできません。
というか使い過ぎは体に毒ですからね。
上司が飲みすぎて人工透析になった人を知っていると言っていました。
糖分とカフェインで無理やり目を覚ますほかアルギニンも成長ホルモン出させる働きがあると言われているのでこれでさらに血糖をあげるように促すわけですから割とやばい飲み物です。
手作りしたところで同じようなものを作るならやばいことに変わりはないのですが…本当にそれで目覚めることができるのか一度試してみたいところではあります。
成分の量などを調べて完成したらまたこのブログに書こうと思いますので、それまでお楽しみに。

カテゴリー: 日常, 豆知識