名状しがたいエナジードリンクのようなもの後編

前回に引き続きエナジードリンクについてです。
カフェイン、アルギニンを身近なもので手に入れる方法を考えます。

 

まず、カフェインと言ったらコーヒーですよね。
コーヒーのカフェイン量は商品にもよりますが、100mL中に40mg~90mgくらいです。
まあ、大体50mgとして今回は考えていきます。
エナジードリンクが一本355mL、100mL中40mlなので全体で142mgという計算になりますね。
そうするとコーヒー約300mLほどでカフェイン量は足りそうです。
今回は甘さ控えめと書いてあるコーヒーを使ったのですが100mLあたり大体2~4g糖類が入っているそうです。
100mLあたり3gの糖類と仮定して300mLで9g糖類をとることになります。
糖類1gあたり4Kcalなので36Kcal…ちょっとエナジードリンクよりヘルシーですが無理にここで砂糖を入れるのはちょっと抵抗があるのでこれで行きましょう。

 

あ、そういえばモンスターエナジーには高麗人参が入っているんですよね。
滋養強壮に効く有名なやつです。
あれにはサポニンという成分が入っていてそれが血行促進、抗酸化作用ほかいろいろと健康に良さそうな働きがあるとのこと。
今回はせっかくなので同様にサポニンが入っているごぼう茶を足してみようかと(3gで1包のやつ)

 

続いてアルギニンですが、肉類には大量に入っているのですがドリンク化するくらいなら食いたいですよねw
なので今回は生卵を使おうと思います。
まずはモンスターエナジーのアルギニンの量ですが125mg/100mLなので355mLでは444mgってところです。
生卵の全卵のアルギニン量は418mg、1個卵入れればアルギニン量はほぼ足りますね。

 

はい。
これでコーヒー、ごぼう茶、生卵を混ぜるわけです。
まあ、おいしくはないでしょうね。
あくまでカフェイン・サポニン・アルギニンが多く入っている食品同士を混ぜるんですから、そのほかの成分はガン無視ですから。

 

というわけで

コーヒーにごぼう茶を入れてひと煮立ちさせますw
ごぼうのにおいとコーヒーのにおいがやばいw
ただにおいはやばいですが味はそこまでではないです。
コーヒーにごぼうのにおいがついたって感じです。

 

そして卵を投入。
味がまろやかになりました。

 

 

うーん。飲めなくはないのですが…
やっぱりまずい。
エナジードリンクのかけらも感じられない味です。

 

 

 

ただ…目はめっちゃ覚める(まずさも相まって)
コーヒー飲んだだけよりはいいんじゃないか?www

ただこれならコーヒーにきんぴらごぼうと卵焼きでいただきたい。

カテゴリー: 実験, 日常

21 Replies to “名状しがたいエナジードリンクのようなもの後編”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です